溶存無機炭素[dissolved inorganic carbon (DIC)]

 水中に溶解した無機炭素の総称.二酸化炭素は通常,水に溶けて不揮発酸(H2CO3*=CO2(aq)+H2CO3となり,仮に25℃で400 ppm CO2 を含む大気との平衡下では,最大で13~15μMのH2CO3*が存在する(→二酸化炭素). H2CO3は一部が速やかに解離して重炭酸イオンと炭酸イオンを生じる.この平衡式は次のように表される.
 CO2 (aq) + H20⇔H2CO3⇔HCO3- + H+⇔CO32- + 2H+各プロトン解離過程の平衡定数を左からそれぞれKH2CO3およびK2とすると,淡水では25℃でpKH2CO3およびpK2はそれぞれおよそ3.6および10.3である.炭酸の第一プロトン解離定数として一般的に使われるK1は真のH2CO3の,水和とプロトン解離反応をまとめて扱ったものであり, K1=KH2CO3/(1+K) の関係をもつ(K=[CO2(aq)]/[H2CO3]).淡水でpK1はおよそ6.4とされる.一方,海水では塩濃度の高さから25℃におけるpK1およびpK2はそれぞれ5.9および9.0程度にシフトすることが報告されている.このため,海水のDIC保持力は同じpHの淡水に比べて2倍以上高くなる.

関連項目


Last-modified: 2015-03-23 (月) 16:35:32 (1725d)

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS