等電点電気泳動[electrofocusing]

  タンパク質を異なった等電点をもつ両性電解質の混合液中で電気泳動すると,それぞれのタンパク質は,電解質によって形成されたpH勾配中のそれぞれの等電点で静止し,濃縮・分離される.この原理でタンパク質を分離・濃縮する方法を等電点電気泳動,あるいはエレクトロフォーカシング,等電点分離法と呼ぶ.分離したバンドが熱などによって撹乱されるのを防ぐために,ショ糖密度勾配をつけた溶液や,ゲルが支持体として用いられる.等電点電気泳動はタンパク質精製のために単独で用いられたが,近年はプレキャストのゲルが市販されるようになって再現性が格段に向上し、プロテオーム解析の手段として, SDS-ポリアクリルアミドゲル電気泳動と組み合わせて二次元電気泳動の一次元目の電気泳動として用いられる.

関連項目


Last-modified: 2015-03-27 (金) 15:39:16 (1721d)

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS