クロロバキュラム テピダム[Chlorobaculum tepidum]

 緑色硫黄細菌. 緑色細菌門(Chlorobi門)に属し,中度高温(至適温度,48~50℃)で生育する.光合成色素としては,反応中心二量体を構成するバクテリオクロロフィルa,一次電子受容体としてはたらくクロロフィルaPD(Chl a670),アンテナ色素としてバクテリオクロロフィルcおよび数種のカロテノイドを含む.バクテリオクロロフィル cは自己会合してクロロソームと呼ばれる構造体を形成している.反応中心の型は光化学系Ⅰ型. 2002年にゲノムの全塩基配列が決定された.

関連項目


Last-modified: 2015-03-23 (月) 16:28:44 (1724d)

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS