クロロフィルb[chlorophyll b]

  C55H70MgN4O6,分子量907. クロロフィルaのC7位のメチル基がホルミル基に置換されたもの.原核緑藻や緑藻,陸上植物などに存在し,赤色域ではクロロフィルaよりも短波長側に吸収極大をもつ.集光性色素としての機能をもつ.原核緑藻プロクロロコッカスには,クロロフィルbの代わりに,C2位にビニル基をもつジビニルクロロフィルbが存在する.クロロフィルbで捕捉された光エネルギーは高い効率でクロロフィルaに伝達される.


Last-modified: 2015-03-23 (月) 16:28:50 (1727d)

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS