真核光合成生物[photosynthetic eukaryote]

  真核生物のうち,葉緑体をもつ生物群の総称.緑色陸上植物と真核藻類のすべてを含む.陸上植物はコケ植物門,シダ植物門,裸子植物門,被子植物門から成り,系統的には緑色植物門(特に車軸藻綱)から派生した単系統群と理解される.したがって,葉緑体が二重包膜であること,クロロフィルa,bを有すること,デンプンが葉緑体中に蓄積されることなどの基本的特徴は緑色植物門と共通である.一方,藻類は系統的に異なる群を含む概念で,形態,生態,光合成色素組成などは互いに大きく異なっている.分類学的には,緑色植物門(プラシノ藻類,緑藻類,車軸藻類など),紅色植物門(紅藻類),灰色植物門(灰色藻類),クリプト植物門(クリプト藻類),渦鞭毛植物門(渦鞭毛藻類),不等毛植物門(黄金色藻類褐藻類,珪藻類など),ハプト植物門(ハプト藻類),ユーグレナ植物門(ユーグレナ藻類=ミドリムシ類),クロララクニオン植物門(クロララクニオン藻類)の9門に分類される.
 葉緑体をもつという特徴は共有するものの,これら藻類どうしには必ずしも系統的つながりはなく,むしろ同じ系統群でありながら,ユーグレナ藻類とキネトプラスト類(ユーグレノゾア),不等毛植物類とラビリンチュラ類(ストラメノパイル),渦鞭毛藻類と繊毛虫類(アルベオラータ)の場合のように葉緑体をもつ群(藻類)ともたない群(原生動物)の近縁性が示されている場合も多い.このような現象は,二次共生による葉緑体の獲得が複数回生じたことによるものと理解されている(→葉緑体の起源).また,藻類の系統の中には二次的に葉緑体を失ったものも少なからず存在するので,葉緑体の有無から系統関係を推定する際には注意が必要である.


Last-modified: 2015-03-27 (金) 15:32:56 (1723d)

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS