ハッチ[Hatch, M. D.]

  Hatch, Marshall D., 1932-.オーストラリア(Perth)に生まれ,シドニー大学卒業, Ph.D.取得(1959)後,米国カリフォルニア大学デービス校(Stumpf研)で2年間脂肪酸合成の研究に参加した.オーストラリア民間製糖会社が新設したデビッド・ノース植物研究所(Brisbane)でサトウキビの基礎研究を始め,スクロースホスファターゼを見いだした後,スラックと共同で,コーチャックらの発見を&supsc(14);C/12CO&subsc(2);パルス・チェイス実験により詳細に検討し,C&subsc(4);ジカルボン酸回路を提案した(1966).続いて関連酵素活性と新酵素の発見,クランツ型葉構造の細胞間分業を生化学的に実証してC&subsc(4);回路を確立した.また,サトウキビ以外に多種のC&subsc(4);植物を見いだし,3種類のサブタイプ(→C&subsc(4);植物サブタイプ)に分けた. 1970年連邦理工学研究機構(CSIRO)植物工業部門(Canberra)に移り,C&subsc(4);植物の進化はRubisco (ルビスコ)へのCO&subsc(2);濃縮による光呼吸抑制機構の獲得であることを明らかにした.

関連項目


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-05-12 (火) 04:42:41