活性酸素種の標的分子の修復[repair of oxidizedtargets]

  活性酸素種によりタンパク質が酸化されジスルフィド結合(S-S)やスルフェン基(SOH)が導入された場合には,主にチオレドキシンやグルタレドキシンにより修復される.光化学系Ⅱの反応中心D1タンパク質(psbA)はチラコイドタンパク質のなかで最も代謝回転が高く,そのmRNAは恒常的に葉緑体に存在しているため,酸化障害を受けて分解されると即座に翻訳が開始され,新たに合成されたD1タンパク質が光化学系Ⅱの反応中心に組み込まれて速やかに機能を回復する.これに対して,光化学系Ⅰ反応中心の積極的な機能回復機構は見いだされていない. H2O2によって酸化/失活したCO2固定サイクルのなかのフルクトース-1,6-ビスホスファターゼグリセルアルデヒド-3-リン酸デヒドロゲナーゼホスホリブロキナーゼ,セドヘプツロ一ス-1,7-ビスホスファターゼはジスルフィド結合を形成したシステイン残基がチオレドキシンによって還元され活性を回復する.生体膜の構成成分であるリン脂質は,酸化されるとホスホリパーゼA2により特異的に膜から脂肪酸として切り離されたのち還元/再生される.

関連項目


Last-modified: 2015-03-30 (月) 14:02:22 (1830d)

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS