5-アミノレブリン酸[5-aminolevulinic acid]

 別名δ-アミノレブリン酸, C5H9NO3,分子量131.1.生物におけるすべてのテトラピロール化合物合成の前駆体である.生物種によって,C4経路C5経路という2種類の生合成経路が知られており,植物では5-アミノレブリン酸合成はクロロフィル合成の律速段階である.エーリッヒ試薬(Ehrlich'sreagent)によって簡便に定量することができる.

関連項目


Last-modified: 2015-03-25 (水) 14:02:42 (1724d)

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS