C5経路[C5 pathway]

  グルタミン酸から,グルタミルtRNA,グルタミン酸1-セミアルデヒドを経て5-アミノレブリン酸を合成する代謝経路.グルタミルtRNAシンターゼグルタミルtRNAレダクターゼグルタミン酸1-セミアルデヒドアミノムターゼによる3段階の反応から成る.グリシンとスクシニルCoAから5-アミノレブリン酸を合成するC4経路と対比してグルタミン酸を用いることからC5経路と呼ばれる.古細菌,細菌(αプロテオバクテリアを除く),プラスチドをもつ真核生物はこの経路をもち,プラスチド内にのみこの経路が存在する.

関連項目


Last-modified: 2015-03-26 (木) 11:36:54 (1760d)

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS