5-アミノレブリン酸シンターゼ[5-aminolevulinic acid synthase]

  EC 2.3.1.37.スクシニルCoAとグリシンを基質とし,ピリドキサールリン酸を補酵素として5-アミノレブリン酸を合成する酵素.この酵素による5-アミノレブリン酸の合成経路はC4経路と呼ばれる.この酵素はC4経路をもつ真核生物の場合はミトコンドリアに,同じく原核生物の場合は細胞質に局在する.コードする遺伝子はhemAと呼ばれるが,グルタミルtRNAレダクターゼをコードするhemA遺伝子とは進化的に関連はない.

関連項目


Last-modified: 2015-03-25 (水) 14:02:52 (1725d)

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS