シフォナキサンチン[siphonaxanthin]

 カロテノイドの一種.別名,シホナキサンチン.シフォナキサンチンあるいはその脂肪酸エステルはプラシノ藻類,アオサ藻類,一部の緑藻類にみられる.ルテインから合成されると考えられる.光捕集機能がある.緑藻ミルが持つ緑色吸収体は,シフォナキサンチンとタンパク質との相互作用に由来すると考えられている.シフォナキサンチンの吸収スペクトルに現れない赤色域の禁制遷移帯(S1)からクロロフィルaへの励起エネルギー移動の効率は極めて高い(~100%).ブリプシス・マキシマのLHCIIで研究された.

350 siphonaxanthin.jpg

関連項目


Last-modified: 2015-03-25 (水) 13:51:56 (1725d)

添付ファイル: file350 siphonaxanthin.jpg 790件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS