リザリア [Rhizaria, rhizarians]

 真核生物における大系統群(スーパーグループ)の1つ.放散虫,有孔虫,ネコブカビ,さまざまなアメーバ類(Euglyphaなど)や鞭毛虫(Cercomonasなど)を含む.色素体葉緑体)をもつものはクロララクニオン藻に限られるが,ポーリネラ クロマトフォラは色素体とは異なる起源の光合成オルガネラをもち,また放散虫や有孔虫には共生藻盗葉緑体をもつものが少なくない.分子系統学的研究をもとに認識された系統群であり,共通する形態的特徴はほとんどないが,糸状仮足と管状ミトコンドリアクリステをもつものが多い.リザリアの名は分岐した糸状仮足の姿に由来する(ギリシャ語の rhizo- は「根」を意味する).

 非正式のスーパーグループ名であるが,分類学的にリザリア下界(Infrakingdom Rhizaria)として扱われることがある.放散虫門,有孔虫門,ケルコゾア門(クロララクニオン藻やポーリネラを含む)からなる.近年の研究からはストラメノパイルアルベオラータに近縁であることが示唆されており,併せてSARクレード(Stramenopiles + Alveolata + Rhizaria)またはハロサ亜界(subkingdom Harosa)とよばれることがある.


Last-modified: 2015-03-23 (月) 16:32:12 (1838d)

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS