プラストキノール-プラストシアニンオキシドレダクターゼ[plastoquinol/plastocyanin oxidoreductase]

 シトクロムb6f複合体とも呼ばれ,2つのb型ヘムを含むシトクロムb6サブユニット,リスケ鉄硫黄クラスターシトクロムfおよび2つのプラストキノン結合部位から成る.光化学系Ⅱからの電子,あるいは光化学系Ⅰの循環的電子伝達系からの電子で還元されたプラストキノール(二電子還元され,2つのH+を結合したプラストキノン)の還元力をプラストシアニンシトクロムc6に流し,膜を介したプロトン輸送を行う.キノンの2電子の1つをリスケ鉄硫黄クラスター,シトクロムfを介してチラコイド膜内側のプラストシアニンに渡し,もう1つをヘムbL→ヘムbH→酸化型プラストキノンという膜外側への電子伝達で使う.細菌やミトコンドリアのシトクロムbc1複合体もほぼ同じ機能をもつ.

関連項目


Last-modified: 2015-03-27 (金) 12:12:12 (1839d)

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS