トレボウクシア藻 [trebouxiophyceans]

 クロレラChlorella)やボトリオコッカスBotryococcus),カワノリ(Prasiola)などを含む緑藻(広義)の一群.多くは単細胞不動性であるが,群体,糸状性の種も含まれる.葉緑体の数や形は多様.チラコイドが陥入したピレノイドをもつことが多いが,これを欠くものもいる.カロテノイドとして基本的にルテインネオキサンチンビオラキサンチンβ-カロテン(およびときにα-カロテンロロキサンチン)をもつ.カンタキサンチンやエキネノンのような二次カロテノイドを多く蓄積する種もいる.また二枚貝寄生性のCoccomyxa sp. からアロキサンチンディアディノキサンチンディアトキサンチンが報告されているがコンタミネーションである可能性もある.光合成能を欠く従属栄養性のものも知られる(プロトテカ Protothecaやヘリコスポリディウム Helicosporidium).Chlorella variabilisCoccomyxa subellipsoideaで核ゲノム塩基配列が報告されている.また近年多数の種で色素体DNA塩基配列が報告された.

 細胞は細胞壁に囲まれる.核分裂は閉鎖型,中間紡錘体は早期崩壊型でファイコプラストが関与した環状収縮による細胞質分裂を行う.遊泳細胞の鞭毛基部は反時計廻り方向にずれている.

 多くは淡水や陸上に生育しているが,海産種も知られる.また地衣類やアメーバ,繊毛虫,海綿,イソギンチャクなどの共生藻となるものも多い.トレボウクシア(Trebouxia)は地衣類の共生藻として最もふつうに見られる.

 分類学的には緑藻植物門(Chlorophyta)のトレボウクシア藻綱(Trebouxiophyceae)に分類される.上記の他にディクティオスファエリウム(Dictyosphaerium),オオキスティス(Oocystis),エレモスファエラ(Eremosphaera),スチココッカス(Stichococcus)などが含まれる.


Last-modified: 2015-03-23 (月) 16:30:24 (1727d)

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS